マニアックなハルと好奇心旺盛なサナがおすすめのマンガ・アニメ・ゲームなどを紹介しています。

夢七夜、竹の橋立にて。

夢七夜、竹の橋立にて。

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載。

夢七夜、竹の橋立にて。ってどんな作品?

クトゥルフ神話TRPG 第六版シナリオ
『夢七夜、竹の橋立にて。』
店頭に並べられた大型テレビからは老若男女悲喜こもごもの情報が流れてくる。都会の喧騒と灰色の雲。うんざりするような世界の中、約束の時間が過ぎていく。

このまま立ち去ってやろうか。

ふとそんな考えが頭をよぎる。

馬鹿馬鹿しい。そんな事が出来るわけもない。

いやむしろ、その選択こそ利口かもしれない。

優柔不断さが足を右往左往させる中、
そいつは丁度15分遅れでやってきた。

「やあ、待たせたね――――」 雨の降る六月のある日、あなた達は旧知の人物より連絡を受ける。

「私たちの町が危機に晒されている、君たちの助けが必要だ」
声だけで非常に切迫した様子が伝わってくる。

おそらく電話の向こうでは頭を必死に下げているのだろう。

あなた達は思う。あるいはうっかり声に出す。

「ついに七夕祭の人出が足りなくなったのか」と。

あなた達の故郷である稚彦町は、人口流出により今や老人ばかりの町だ。

NPO法人の力を借りて町おこしを企画しており、実際にそれは上手くいっているようではあるが、それも焼け石に水。

なにせほぼほぼ老人の町。いくらNPO法人の協力があるからと言えど、新しい住民が入ってこないのであれば、いつしか限界が来るのは明らかだ。

だからこそ、あなた達はこの町を捨てて外に出た。

だからこそ、若干の罪悪感からこの町に戻ってきた。

所詮はひと時の夢。

でも、それを守るのも時として悪くないだろう? プレイ時間:6~8時間
プレイ人数:3~4人
推奨技能:交渉系技能・目星・EDU
作成ルール:探索者は全員稚彦町出身であり、現在はこの町から離れている。

探索者には共通の友人”此花 睡蓮”が存在する。

探索者は全員が友人である事が望ましいが強制ではない。 〇稚彦町(わかひこまち)
中部地方のとある町。探索者全員の故郷。

人口はおおよそ五千人程度。若者の都市流出が進んでいる為で、人口は減少の一途をたどっている。

特産品や名物なども存在せず、人を呼び込む力が全くなかったが、NPO法人 “都市くくる”の協力を得て七夕祭りを企画。それが上手い事ヒットしたことで、七夕を中心としたPRを展開している。

そのおかげか、平時でも観光客らしき人物を観ることがある……が、活性化と言えるほど賑わっていないのが事実である。

〇稚彦町の教会
クロード神父が所属している教会。羅々山の近くに建っている。

信者以外にも公開されており、町民たちの寄合所の様になっている。

ただし、毎週金曜日は貸切られているようで、その日は見ず知らずの老若男女が教会に集まっているのを見ることが出来る。

〇稚彦町七夕祭
街並みを七夕仕様に飾り立てるという、至極単純な祭り。祭りのフィナーレにすべての飾りを焼納するパフォーマンスが話題となりそれ以降観光客が集まるようになった。

観光客には歴史のある祭りのように見せかけているが、実際は二十年程前からはじまった、歴史の浅い祭りである。

〇NPO法人 都市くくる
地方都市の活性化を目的として活動を行っているNPO団体。

稚彦町の七夕祭を始めたのもこの団体の提案によるもの。

〇羅々山(うすあみやま)の輝く竹
深夜に羅々山の竹林が時折光り輝くという噂。十五年ほど前から噂になっており、町内の人は殆どが知っている他、インターネット上でも時折話題に上がることがある。見たことがあるかどうかは探索者によるが、原因は不明。

続きを読む

夢七夜、竹の橋立にて。の評価

夢七夜、竹の橋立にて。はこんな人におすすめ

  • TRPGを探している人
  • TRPGシナリオを探している人

夢七夜、竹の橋立にて。の画像を紹介

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載しております。

もっと見る

夢七夜、竹の橋立にて。の感想とレビュー

  • 投稿者

    名無しさん

    主に踏み付けと足責めで露出はなしです。読み終えたあとも心に柔らかい感情を残してくれる作品です。一場面を切り出したようなイラストも和みました。商業紙でも同人でも、を扱っているものは少ないので、とても貴重なものを見れた気がする。元ネタを知っている人には思わずニヤリとする。

  • 投稿者

    名無しさん

    元ネタを知っている人には思わずニヤリとする。これぞ正にしたたかでしなやかな外交だと思いました。ボリュームも多くこの価格はお買い得だと思います。血を見ると卒倒するのでいつもは事なきを得ているものの、今回は意識を取り戻した後に色っぽい悪女キャラに変貌。多くの作品の自然な絡みと、オチ要因として強力なガチな人達の存在感。

  • 投稿者

    名無しさん

    多くの作品の自然な絡みと、オチ要因として強力なガチな人達の存在感。絵の描き方としては、丸めの顔にキラキラした大き目の瞳などキャラクターの雰囲気を上手く捉えています。内容は前半がキャラクターの顔見せで、後半がメインになっています。原作の戦闘パートのパロディには本当に笑いが止まりませんでした。更に、今ではすっかりお目に掛かる事が無くなったを久方振りに見たような気がします。

  • 投稿者

    名無しさん

    更に、今ではすっかりお目に掛かる事が無くなったを久方振りに見たような気がします。読むだけで癒される作品です。この作品の中では意思の弱い中毒患者は搾取される側の存在でしかないと断じており、自分自身がそちら側であるという事を強く主張し、自戒されているのではないかという想像が膨らんでしまいます。スルーしていたのマンガが存在していたこと自体で、この作品は間違いなく「買い」の部類でしょう!

  • 投稿者

    名無しさん

    スルーしていたのマンガが存在していたこと自体で、この作品は間違いなく「買い」の部類でしょう!命を懸けて戦うのにちょくちょく会ったり奇妙な関係の二人。気軽に楽しく勉強出来ました。大変ボリュームがあり、読み応え抜群でしたが、この作品は予想を上回る満足感です。この作品だけでも十分楽しめたけど元ネタを知っている人なら、どこがどうギャグ化されたのかが良く分かるのでより楽しめるのではないかと思う。

  • 投稿者

    名無しさん

    この作品だけでも十分楽しめたけど元ネタを知っている人なら、どこがどうギャグ化されたのかが良く分かるのでより楽しめるのではないかと思う。登場人物の過去や経歴が複雑だったり、キャラの繋がりが謎だったりして、結構感情移入しちゃってます。過去に原作もプレイしたのでノスタルジックな気分で読ませていただきました。内容はシリアスですが、そこまで重いとは感じませんでした。元ネタ自体が懐かしいものなので、もしかしたら触れた事のない人もいるかもしれませんが、そんな人でも問題なく楽しめる作品になっています。

  • 投稿者

    名無しさん

    元ネタ自体が懐かしいものなので、もしかしたら触れた事のない人もいるかもしれませんが、そんな人でも問題なく楽しめる作品になっています。でも告白があったり、それでも今までの関係でいたり、好きなのに命の取り合いをするという不思議な心理描写は期待通りでした。まずはサンプルを見て、気に入れば買いですね。ゲームを掛け合わせて作られた本作。全体的に丁寧に作られている印象を受けます。オススメ!

  • 投稿者

    名無しさん

    オススメ!に興味のある人には買って損のない作品。の物語ですが、読めば読むほど、ストーリーに惹きつけられます。不思議な世界観のせいかもしれません。そちらだけでもかなり面白く、それだけでも満足できるなーと思っていたのですが、買ってよかったです!

感想・レビューを書く

該当作品を対象にしたコメントフォームです。当サイトへのご意見・問い合わせにつきましては「お問い合わせ」からお願いします。

夢七夜、竹の橋立にて。の作品情報

配信日
2023年7月1日
メーカー
作者
透過雷管
販売価格
550円
ファイル
PDF
サイズ
1.55MB
ジャンル
ノベル
もっと詳しく