マニアックなハルと好奇心旺盛なサナがおすすめのマンガ・アニメ・ゲームなどを紹介しています。

あやかしのゆめ 弐

あやかしのゆめ 弐

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載。

あやかしのゆめ 弐ってどんな作品?

暴走してしまった異能者を止めるために構成された異能者対策班に所属するかりん。そんな彼女の親友、芙美(フューメイ)の母国にいる兄がテロリストだという疑いがかけられていた。

あやかしのゆめ(RJ105936)の続編となります。

JPEG104枚(PDF106ページ)の作品です。

続きを読む

あやかしのゆめ 弐の評価

あやかしのゆめ 弐はこんな人におすすめ

  • SFしか勝たん人
  • ファンタジーが好きな人
  • シリアスが好きな人
  • 学校/学園が好きな人

あやかしのゆめ 弐の画像を紹介

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載しております。

もっと見る

あやかしのゆめ 弐の感想とレビュー

  • 投稿者

    名無しさん

    作者の方が実体験に基づき漫画にしたという事ですが、普通の漫画として読んでも面白く読めました。イラストもかわいいですし、衣装もクオリティが高かったのでとても満足できる作品でした。の初々しさを感じたい方におススメ!その少女の記憶が飛んで、時系列を少し巻き戻す形で本編が始まります。

  • 投稿者

    名無しさん

    その少女の記憶が飛んで、時系列を少し巻き戻す形で本編が始まります。ギャグ漫画同人誌のデジタル版です。は本っっっ当に愛に溢れた物語です。キャラも女子を中心に満遍なく出ているので、原作をご存知なら楽しめるかと。もう少し時間をかけて読めばよかったかな?でも止まらなかったから仕方ない。キャラクターそれぞれの能力などが詳しく技術されていたり、一問一答(質問コーナー)があって、ストーリー外でもたのしめます。

  • 投稿者

    名無しさん

    キャラクターそれぞれの能力などが詳しく技術されていたり、一問一答(質問コーナー)があって、ストーリー外でもたのしめます。人間の言葉で会話してくれるのシリーズですね。最高。こんな漫画があったとは今まで知りませんでした。原作を遊んだことがある人ならよくわかる、思わず笑ってしまう部分が取り扱われています。これといって刺激的な事件が起こることはありませんが、みんなを幸せにしたいというヒロインの純粋な笑顔に癒されます。

  • 投稿者

    名無しさん

    これといって刺激的な事件が起こることはありませんが、みんなを幸せにしたいというヒロインの純粋な笑顔に癒されます。絵も丁寧に書かれているので、読んでいて楽しいと思います。ひょっとしたら、彼氏に「依存」することで精神の安定を保っているのかもしれませんし、作外では懊悩しているのかもしれません。人の好みによるとは思うけど、満足してます。ヒロインと主人公のやり取りが微笑ましくて心がホッとします。

  • 投稿者

    名無しさん

    ヒロインと主人公のやり取りが微笑ましくて心がホッとします。そして、表紙イラストは原作のアニメ版の雰囲気がよく出ています。原作は美男美女のキャラが出て来るお話なのですが、こちらではコミカルでギャグタッチにデフォルメされていてとても可愛いです。尺が短いですが、安かったので満足♪今回の話は今までと違う印象を受けました。

  • 投稿者

    名無しさん

    今回の話は今までと違う印象を受けました。セックスのシーンはまったくありませんが、肉体をぶつけ合う女性たちの姿はかなり扇情的です。個人的には、全体としてとても気に入っています。萌え死ねます。みんなの心に暗い影を落としてしまう。でも告白があったり、それでも今までの関係でいたり、好きなのに命の取り合いをするという不思議な心理描写は期待通りでした。

  • 投稿者

    名無しさん

    でも告白があったり、それでも今までの関係でいたり、好きなのに命の取り合いをするという不思議な心理描写は期待通りでした。だんだんと追い詰められパニックに陥っていく中で気づいたみんなのやさしとあたたかさ……なんというか、人にやさしくしよう、そう思わせてくれる漫画でした。他のキャラクターはあまり出てこないので、純粋にこのキャラクターが好きなら買って損はないと思います。

  • 投稿者

    名無しさん

    他のキャラクターはあまり出てこないので、純粋にこのキャラクターが好きなら買って損はないと思います。久しぶりにとても面白いギャグマンガを読むことが出来ました。聞いているとなぜだか笑いがこみあげてきます!みんなを狙ってます。やさしいイラストがその世界に入り込ませてくれます。また、まるで緩やかな長い坂を上り終えた様な読後感にこの作品の、誤解を恐れずに言うなら少し不快な、それでいて病みつきになるような魅力を感じました。

  • 投稿者

    名無しさん

    また、まるで緩やかな長い坂を上り終えた様な読後感にこの作品の、誤解を恐れずに言うなら少し不快な、それでいて病みつきになるような魅力を感じました。

感想・レビューを書く

該当作品を対象にしたコメントフォームです。当サイトへのご意見・問い合わせにつきましては「お問い合わせ」からお願いします。

あやかしのゆめ 弐の作品情報

配信日
2012年11月27日
メーカー
販売価格
550円
ファイル
JPEG PDF同梱
サイズ
64.73MB
ジャンル
ノベル
もっと詳しく