マニアックなハルと好奇心旺盛なサナがおすすめのマンガ・アニメ・ゲームなどを紹介しています。

まぐ太ノート7冊目バニーガールの神について(中)

まぐ太ノート7冊目バニーガールの神について(中)

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載。

まぐ太ノート7冊目バニーガールの神について(中)ってどんな作品?

バニーの神様が亡くなり一年。今回も追悼本として神について調べて描いて考えました。誰がバニーロゴを考えた?プレイボーイはどうやって生まれた?バニーポーズの種類は。バニースパイ?。またもやネタにキリがなく中巻に。バニーの裏に隠された秘密・薀蓄を知りたい人必見シリーズ

続きを読む

まぐ太ノート7冊目バニーガールの神について(中)の評価

まぐ太ノート7冊目バニーガールの神について(中)はこんな人におすすめ

  • バニーガールしか勝たん人

まぐ太ノート7冊目バニーガールの神について(中)の画像を紹介

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載しております。

もっと見る

まぐ太ノート7冊目バニーガールの神について(中)の感想とレビュー

  • 投稿者

    名無しさん

    最近見つけたのですが、すぐにその世界観に圧倒されました。あの下腹部は良いと思う。どんなにつらく、苦しかったかを激情に任せて独白する。のんびりと、ほんわかと、読んでいくうちに惹きこまれます。こういう類の弱さをもった人は過剰に軽率な振る舞いや言動をして、本来とは異なる自分を演じたり、極端に内向的になったり、それが他人には不快な印象を与えることが多々あります。

  • 投稿者

    名無しさん

    こういう類の弱さをもった人は過剰に軽率な振る舞いや言動をして、本来とは異なる自分を演じたり、極端に内向的になったり、それが他人には不快な印象を与えることが多々あります。それでも見て欲しい。各イラストもさることながら後ろ表紙は力が入っていると感じる。でも、みんなにスポットがあたっているので、どの娘のファンでもOKでしょう。手書きの部分が見えるからこそ、手作り感があり、作品に対する愛が感じられます。「鬱」の名を冠する作品としてあるべき姿なのかもしれません。

  • 投稿者

    名無しさん

    「鬱」の名を冠する作品としてあるべき姿なのかもしれません。けっこう細かい伏線のようなものも張られていて、続編で生かされてくるのかなと思うと楽しみですね。勿論としてもジワジワ展開していってきてるのでちゃんと楽しめますよ〜。お金がないということで、食べ物や服に困っていますが、今回はとりあえず何とかなるので、そこは実際に読んでください。

  • 投稿者

    名無しさん

    お金がないということで、食べ物や服に困っていますが、今回はとりあえず何とかなるので、そこは実際に読んでください。そんな魅力のあるキャラクターでした。スクール水着が眩しい青春の一コマである。我慢できず買いました。「元ネタを知らなくても楽しめる」といいますが、「パロディ」は元ネタを知ってこそ。どの物語もコミカルな雰囲気で満たされていますし、読んでいるうちに笑ってしまうことでしょう。

  • 投稿者

    名無しさん

    どの物語もコミカルな雰囲気で満たされていますし、読んでいるうちに笑ってしまうことでしょう。こんな話もあってもいいな、という感じで楽しんで読めました。でも気になって、読んでみた。原作知らなくても充分笑えます。冒頭のマンガはとてもシリアスで緊張感あふれる会話と驚くべき結果が待っていました。やわらかい語り加減が特徴の作品だと、どうしても文やコマを削り、キャラの動きが秩序だってしまい、わざとらしくなりがちだが、この作品は違う。

  • 投稿者

    名無しさん

    やわらかい語り加減が特徴の作品だと、どうしても文やコマを削り、キャラの動きが秩序だってしまい、わざとらしくなりがちだが、この作品は違う。男との絡みはありませんが、かなり扇情的な姿で戦い、大股広げて食い込みも気にせず戦う姿に反応しまくってしまいました。読み終えた時に、癒される(ほっ……、はぁ……)という感じがじんわりと心に染み渡る。いいですよね可愛いですよね。四コマまたはショート漫画がいくつか収録されています。

  • 投稿者

    名無しさん

    四コマまたはショート漫画がいくつか収録されています。ファンならとっくに手に入れていると思いますが、それでもオススメしたくなる作品!もちろん今回も相変わらずなまったり日常ネタを収録。面白すぎてあっという間に読み終わってしまいました!恋がしたいといった気持ちになるかもしれませんね。このシュールさは、レビューできません。

  • 投稿者

    名無しさん

    このシュールさは、レビューできません。他の2人の登場人物の設定も、しっかりしていていますね。ギャグ的には爆笑という感じではないのですが、C-ARTS特有の後からジワジワ来る笑いが満載です。やはり原作を知っている方にオススメですね。元ネタは知りませんが、凄く楽しめました。

感想・レビューを書く

該当作品を対象にしたコメントフォームです。当サイトへのご意見・問い合わせにつきましては「お問い合わせ」からお願いします。

まぐ太ノート7冊目バニーガールの神について(中)の作品情報

配信日
2019年5月20日
メーカー
作者
まぐ太
販売価格
770円
ファイル
PDF
サイズ
33.99MB
シリーズ
ジャンル
CG・イラスト
もっと詳しく