マニアックなハルと好奇心旺盛なサナがおすすめのマンガ・アニメ・ゲームなどを紹介しています。

紫陽花の咲きこぼれる庭から

紫陽花の咲きこぼれる庭から

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載。

紫陽花の咲きこぼれる庭からってどんな作品?

ほんのり百合風味、スパンキング要素あり。(お仕置きちっくなのが苦手な方はスルーしてくださいませ)文章のみ、正味17ページです(文庫本換算約36ページ)。

「また会ってくれる?」ふうわりと風が吹いて、紫陽花が揺れた。ドキドキしてしまったのは、夏の宵の魔法のせいだ、きっと。

ひょんなことから再会した小学校時代の同級生、万梨世ちゃんと紫乃ちゃん。ほのぼのとした出会いが、やがてこう(↓)なります。

「じゃあ、おまじないね。万梨世ちゃんが、本当にちゃんとわかるまで、ね?」

続きを読む

紫陽花の咲きこぼれる庭からの評価

紫陽花の咲きこぼれる庭からはこんな人におすすめ

  • ほのぼのに興味がある人
  • スパンキングを愛している人
  • 百合に興味がある人

紫陽花の咲きこぼれる庭からの感想とレビュー

  • 投稿者

    名無しさん

    全体的に好きな人にとってはとても気に入りやすい作品ではないかと思います。のんびりと、ほんわかと、読んでいくうちに惹きこまれます。二人の関係性も恋愛関係へと傾きちょっと甘い雰囲気が漂います。作家さんのセンスのよさがわかります。タイトルのとおり、店舗別に趣向が異なる、ウエイトレスさんの制服を、解説した書籍となっています。

  • 投稿者

    名無しさん

    タイトルのとおり、店舗別に趣向が異なる、ウエイトレスさんの制服を、解説した書籍となっています。個人的には絵が好きで、この絵とストーリーなら男女共に受け入れられるような作品だと思います。個人的には、全体としてとても気に入っています。ネタばれしてもいけないので、簡単なレビユーにしておきます。まず、特筆すべき点は、キャラクターたちの表情。

  • 投稿者

    名無しさん

    まず、特筆すべき点は、キャラクターたちの表情。全体的なレベルは高いので、続きを読んで満足したいな、という気持ちにはなりました。原作のファンの方にオススメです!キャラが結構いてて、それぞれが動き出してストーリーに絡んできているのでオモシロイです。陰毛や乳首すら出ていないのに、ここまでエロを感じさせるとは……。

  • 投稿者

    名無しさん

    陰毛や乳首すら出ていないのに、ここまでエロを感じさせるとは……。ビール好きとギャンブル好きに堪らないあの話です。ギャグの内容も、あるある、そうだよねそう思うよねっ!原作の戦闘パートのパロディには本当に笑いが止まりませんでした。恋人になるまでの距離感やその過程ではなく、恋人になってからどのように彼女と接していくかが全体で描かれています。

  • 投稿者

    名無しさん

    恋人になるまでの距離感やその過程ではなく、恋人になってからどのように彼女と接していくかが全体で描かれています。こういったパロディ作品は元ネタが分からないと面白さも半減してしまうものですが、この作品なら元が有名なのでほぼ誰でも楽しむことができるはずです。かなり前のを元にしているので、懐かしさを感じながら読めてとても良かったです。ちょっと寂しくてさわやかなお話が好きな方にオススメです!

  • 投稿者

    名無しさん

    ちょっと寂しくてさわやかなお話が好きな方にオススメです!変な出会いになっていたせいか爆笑してしまいました。少し古風な感じで、懐かしい気持ちになりました。知っている方はぜひご購入を。価格も手頃なので、絵柄が気に入れば購入してみてはいかがでしょうか。ここ最近購入した中でも買って良かったと思える作品です。

  • 投稿者

    名無しさん

    ここ最近購入した中でも買って良かったと思える作品です。マンガながらも文献の引用や考証がしっかりしているので、資料性もなかなか高いものに仕上がっていると思います。その辺のお話をコメディタッチの漫画で解説してくれる、です。流血シーンなどの残酷なシーンがないので、初心者にもお勧めできます。どんなにつらく、苦しかったかを激情に任せて独白する。

  • 投稿者

    名無しさん

    どんなにつらく、苦しかったかを激情に任せて独白する。忘れていた『何か』を、考えてみるのも良いかもしれません。絵も丁寧に書かれているので、読んでいて楽しいと思います。のようなバトル形式で進む事もあり、非常にスピーディーに話が展開します。妥協の無い丁寧な書き味は、たとえ1つ1つのコマに切り取ってしまったとしても、ストーリーが溢れてくるような、生き生きとした表情を持っている。

  • 投稿者

    名無しさん

    妥協の無い丁寧な書き味は、たとえ1つ1つのコマに切り取ってしまったとしても、ストーリーが溢れてくるような、生き生きとした表情を持っている。ほのぼのとした日常とちょっぴりえっちな展開が、コメディタッチに描かれています!

感想・レビューを書く

該当作品を対象にしたコメントフォームです。当サイトへのご意見・問い合わせにつきましては「お問い合わせ」からお願いします。

紫陽花の咲きこぼれる庭からの作品情報

配信日
2015年7月16日
販売価格
220円
ファイル
PDF
サイズ
308.66KB
ジャンル
ノベル
もっと詳しく