マニアックなハルと好奇心旺盛なサナがおすすめのマンガ・アニメ・ゲームなどを紹介しています。

パブロフの牝犬

パブロフの牝犬

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載。

パブロフの牝犬ってどんな作品?

こんな可愛い牝犬がいたら、もう…飼うしかないですよね。

こうなったら二匹同時に面倒を見てあげてやってください。

画像は全部で8枚。PDFも同梱しています。

なお、作品は手書きで白黒イラストになっています。

続きを読む

パブロフの牝犬の評価

パブロフの牝犬はこんな人におすすめ

  • チラリズムが好きな人
  • お尻/ヒップが好きな人
  • 水着が好きな人
  • ロリを愛している人
  • 萌えを探している人

パブロフの牝犬の画像を紹介

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載しております。

もっと見る

パブロフの牝犬の感想とレビュー

  • 投稿者

    名無しさん

    絵柄もかなり原作に近い感じがして楽しく読めました。好きな人であれば外れは無いと思います。そのためサクサク読み進めていけました。おすすめのお話は、です。軽快なギャグとトークなどの掛け合いで各小話は進んで行くのですが、ギャグの間に垣間見えるシリアスな部分が見所です。

  • 投稿者

    名無しさん

    軽快なギャグとトークなどの掛け合いで各小話は進んで行くのですが、ギャグの間に垣間見えるシリアスな部分が見所です。好きならぜひお試しを!作者の体験談なだけあって、細かいコダワリもありますが、それはそれ。作者のごくごく個人の主体性を前面にだしていますので、同人らしく趣味や(いい意味での)独りよがりが全開です。この作品は真の意味でデジタルコミックです!今回この作品を購入したのは、作者のルーツが伺えるかな?という動機からです。

  • 投稿者

    名無しさん

    今回この作品を購入したのは、作者のルーツが伺えるかな?という動機からです。絵本や童画のフィールドでも活躍した往年の名イラストレーターたちを彷彿させる垢抜けた画風に驚きました。エロはないです。でも、短いなりに良くまとまって、オチもウィットが効いてます。特に、憧れの勇者様に出会えると夢見ている女の子のお話が王道コメディという感じがして面白かったです。

  • 投稿者

    名無しさん

    特に、憧れの勇者様に出会えると夢見ている女の子のお話が王道コメディという感じがして面白かったです。具体的なキャラ描写がなかったがようやくとして、ストーリーに入ってきました。元ネタは知りませんが、凄く楽しめました。ギャグ系ファンタジー大好きな人は絶対ハマるかと、俺は超この漫画にハマりましたわw物語が益々盛り上がってきた感じで続きがどうなるか楽しみです。

  • 投稿者

    名無しさん

    物語が益々盛り上がってきた感じで続きがどうなるか楽しみです。ただし、Hは期待しないように。どのお話もしっかりとした内容になっており、オチも丁寧についていたから面白かったです。ゆるーい人たちによるゆるーい人情です。個人的にこの作者の方の絵柄はとても気に入っているので機会があればでも分かりやすい作品をお願いしたいと思います。

  • 投稿者

    名無しさん

    個人的にこの作者の方の絵柄はとても気に入っているので機会があればでも分かりやすい作品をお願いしたいと思います。メイド漫画の方は丁寧にメイド服を描いており、ゆるい雰囲気ながらもメイドさんを可愛く魅力的に描こうとしている内容はを中心していて、エロ同人マンガでも通用しそうな、オリジナリティがあります。こんな面白すぎるギャグバトル漫画があったとは……最高のエンディングでも最悪のエンディングでもない、一つの節目。

  • 投稿者

    名無しさん

    最高のエンディングでも最悪のエンディングでもない、一つの節目。おかげで全体の暗さが薄らぎ読みやすい印象があります。最初から読み直してみると、また今までと違って見えて楽しめるのではないでしょうか?まず登場シーンから飛ばしていて、いきなり屋上の柵を乗り越えようとしたり、パンツ丸見えで主人公の上に落っこちたりしています。

  • 投稿者

    名無しさん

    まず登場シーンから飛ばしていて、いきなり屋上の柵を乗り越えようとしたり、パンツ丸見えで主人公の上に落っこちたりしています。元ネタが分からなくても最初のページに設定が書かれてあるので、そこで、知ることができます。前書き挨拶や、後書き挨拶もびっしり書き込まれており、古き良き時代の同人誌そのままのテイストが感じられました。元々、のお話は大好きです。また鬱と銘打たれていますがその鬱という言葉の魅力に頼った漫画ではないことだけは確実に言えます。

  • 投稿者

    名無しさん

    また鬱と銘打たれていますがその鬱という言葉の魅力に頼った漫画ではないことだけは確実に言えます。とても面白かった!作画面でも白黒のクッキリとしたタッチに加え、トーンワークによる淡い濃淡が加わり画面の彩りが増しています。

感想・レビューを書く

該当作品を対象にしたコメントフォームです。当サイトへのご意見・問い合わせにつきましては「お問い合わせ」からお願いします。

パブロフの牝犬の作品情報

配信日
2018年10月28日
販売価格
440円
ファイル
JPEG PDF同梱
サイズ
26.63MB
イラスト
ジャンル
CG・イラスト
もっと詳しく